モバイル全画面広告のパフォーマンスの向上 Adsense アドセンスアップデート

AdSense
この記事は約2分で読めます。
PR

モバイル全画面広告のパフォーマンスの向上 by Google

2019 年 11 月 22 日
収益化のパフォーマンスを向上させるため、モバイル全画面広告に次の 2 つの変更を行いました。

快適なユーザー エクスペリエンスを保つため、ユーザー 1 人あたりのモバイル全画面広告の表示回数は常に制限されています。テストの結果に基づいて、モバイル全画面広告がユーザーに表示される制限をサイトあたり 1 時間に 1 回に更新しました。
これまでは、同じサイト内でのページ読み込みの間だけユーザーにモバイル全画面広告が表示されていました。今後は、別のサイトに移動したユーザーにも、ページの読み込み中にモバイル全画面広告を表示するようになりました。
サイトでのモバイル全画面広告のパフォーマンスを確認するには、自動広告を設定してモバイル全画面広告を有効にします。

GoogleAdsなどの広告ではフリークエンシーキャップで広告の表示回数を制限していましたが、
AdSenseでもやっと制限が入るようになりました。
1時間に1回なので、デメリットといえば、不自由なくらい全画面広告を使っているまとめサイトが収益の点では落ちると予想。
メリットはユーザー目線はもちろん、広告主にも広告の印象が変化として見られると思います。(全画面広告を多様しているサイトの露出減少)

運用担当は上司・クライアントにはそれっぽい話でごまかしましょうw

コメント