EvernoteからJoplinに乗り換えた話。代替品や代わりを探している人向け

5年目のevernote信者の私がついに乗り換えを決意。
実施した理由は至って簡単で毎年恒例の契約更新メールを見てふと我に返った感じです。

スポンサーリンク

解約した理由

・更新費用が6000円弱/年 (キャンペーンにより最大半額あり)
・年々改悪アップデートが入る
・そこまで使えてない(主にWEBクリップ・OCR)
これらでしょうか。使いこなせている人にはたぶん安いんでしょうけど、現状のサブスク系は同系統のサービスが次々とリリースされるのでどこかで見直す必要があると思います。
たまたま今回がそこだったわけですね。

乗り換え先の候補

さっそく代替サービスのリストアップです。
ここの作業は楽しいんですよね。様々なメディアが沢山いいことを書いているので。
乗り換える上でのポイントを箇条書き。
・markdown形式が可
・WEB同期
・PC / Mobile対応
・Evernoteのデータをインポート可
・エクスポート可
・デバイス数制限無し
・タグ機能
・同価格以下

上記条件に合うサービスをリストアップ

Joplin

gigazineや多数のメディアでも紹介されていたので名前はしっていました。
全く関係ないウェビナーでこの話題が出た事もありました。

Bear

熊さん。インターフェースは日本人好み。
windows系に非対応。

Quiver

Bearと一緒によく名前のあがるサービス。
コードをゴリゴリ書いている人に使われている印象です。

選ばれたのはJoplinです

まんまEvernoteでした。

実際に移行してみて

1ヶ月

やっぱり慣れない。この操作(機能)どこだっけ?とぐぐる回数が多かったです。

3ヶ月

慣れって恐ろしい。
たまに日本語入力で打った文字が消えることがあります。(Win環境)

まとめ

話がそれますが、代替サービスのリストアップの時にも思ったのはEvernote推奨記事ってアフィリエイターがかなり多いなという印象です。
“オフライン機能”を推してるメディアが98割いて、そこは使えるポイントだと確かに思うんですけど、「圏外で~出先で~」とか書いてて笑いました。お宅は山奥でハッカソンでも毎日やってるのか?と。
WEBクリップやOCRを使う人はEvernoteで本当に快適になるはずなのに。

わたしは浮いたお金で別のサービスでも契約します。Evernoteの機能を使う機会が今後あれば再契約すると思いますが。

そりでは~

タイトルとURLをコピーしました