【DELLアンバサダー記事1】Alienware m17 R3 実機レビュー

当サイトは「DELL アンバサダープログラム」のモニターに参加しています。
前回の記事の続きになります。
DELLアンバサダーのALIENWARE体験モニターに当選した件
当サイトは「DELL アンバサダープログラム」のモニターに参加しています。 PCメーカーで有名なDELLがアンバサダープログラムを実施しているのはご存知ですか? 各業界ここ数年で安直なマーケティングでは売れなく(認知されなく)なってきた...
1回目は実際に開封からスペック周りの感想になります。
2回目はゲーミングPCならではのゲーム周り、3回目は総評といった形になると思います。

業務用PCとは別にしているので、空いた時間にしか触れていないですがマジで快適です。

スペック詳細
プロセッサー:第10世代 インテル® Core™ i7-10750H (6-コア, 12MB キャッシュ, 最大 5.1GHz まで可能 w/ Turbo Boost 2.0)
OS:Windows 10 Home (64ビット) 日本語
メモリ:32GB (16GB × 2) DDR4 2,666MHz (オンボード)
ストレージ:256GB PCIe M.2 SSD
グラフィックス:NVIDIA® GeForce® RTX 2080 SUPER™ 8GB GDDR6 Max パフォーマンス
ディスプレイ:17.3インチ FHD (1920 x 1080) 144Hz 9ms 300-nits 72% NTSC 色域
カラー:ルナライト(シルバーホワイト)(耐久性クリアコーティング)

スポンサーリンク

Alienware m17 R3の外箱


実際に事務局より届いた箱です。
外箱とダンボールの間に隙間があると振動で残念なことになるのでGOODです。


外箱の印象は意外とコンパクト。
XPS9570を買ったときより小さいような気がします。

開封


ノートパソコン本体と、電源一式、説明書とシンプルな構成です。
まさに”こういうのでいいんだよ こういうので”感。

本体外観


まずは厚みから。
これは本当に驚きでした。XPS9570と同じくらいです。
身近なものだとスマホ1.5個分くらいの厚さだと思います。


雑に写真撮りましたが、下にあるのがAlienware m17 R3(17インチ)で、
上にのせているのがXPS 15 9570(15インチ)になります。
Alienware m17 R3の黒い部分はファンや外部端子なので、実際のモニタ領域はほぼ同じ。
ここもGOODポイント!

キーボード、タッチ、ファン周り

まずはキーボードの高さや押した感じから。
ソフトな感触で感動しました。
浅めの似たようなキーボードはいくらでもありますが、押した感じがなかったり、逆に硬いものもあったりと、浅めのキーストロークはいい印象がなかったのが一転です。
ノートパソコンなので仕方ない部分はありますが、PRO Xとか使ってる層からすると物足りない気はします。

側面のファンです。
左右と後ろ、キーボード上部(+裏側)にファンがついています。
これでも相当考えられた爆熱対策でしょうが、それなりのスペックのゲームや動画編集を行うと、
まあまあな暖房機器です。

kawaiiポイントです。
電源ボタンがブランドロゴになっています。

総評

実際に製品をさわるまではボロカスに書こうと思ってましたが、
実機を見てから評価が全く変わりました。

・最高峰のスペックなのにコンパクト
・キーボードの質感
スペックに関しては言うまでもなくGOODです。
デスクトップと同等の性能でゲームができるのは非常に感動しました。
キーボード周りのちょっとした拘りも選択肢の一つになり得るものです。
・ファンの位置
・SSDの容量
上は仕方がない部分でもありましたが気になったところでした。
ファンが左右背面後部にあり、特に右側(利き手)から出るファンがマウスに直撃するというところです。
マウスの位置を手前に下げることで解決はできますが。
2つ目はSSDの容量です。

PCゲームのapex Legends LoL Overwatch Conqueror’s Bladeをインストールしただけです。
実際に購入するときは最低512を選ばないと色々と厳しそう。

現時点で購入についてアリ寄りのアリ。
同スペックで見た場合、勿論安く済ませれるのはデスクトップ型ですが、
ノートパソコン(ラップトップ)型が選択肢に挙がる以上、価格は二の次です。
ゲーマーにおけるほしいポイントは間違いなく兼ね備えています。
タイトルとURLをコピーしました