cocoonでAMP化する方法やAMPの確認方法について

2021年の5月から大きくSEOがアップデートされるようで個人法人問わず慌ただしく動いていますね。
cocoonは無料スキンとは思えないほどの出来で人気ですが、今回はそのCocoonでAMP化する方法と、
実装後にAMPが正常に稼働しているかの確認方法をメモ。

スポンサーリンク

CocoonでAMP機能を使うには

簡単に可能です。
ダッシュボード→Cocoon設定→AMP→AMP機能を有効化する

投稿や固定ページがこれでAMP機能が有効化されます。

AMP導入する際の注意点

フォームや一部プラグインは対応していないので「プラグイン名 AMP 対応」のように一つずつググったほうがいいかもしれません。
AMPを導入してユーザーの快適度を上げる目的が、導入することで下がってしまう事が考えられます。

AMPが正常に導入できているか確認する方法

上のやり方で簡単に導入はできましたが実際に確認したほうが良いです。

AMPテスト

GoogleがAMPテストを準備してくれています。
AMPテスト
使い方は簡単です。対象URLを入力するだけで対応しているかどうかチェックしてくれます。
※AMP化されているページを指定してください。

ついでに構造化データが有効なページ(リッチリザルト)の確認もできます。
クリックすると詳細項目がでてくるのでそれらも対処・確認するとなおよしです。

AMP Validator GoogleChromeのアドオン

アドオンを使って確認する方法です。
取得はこちらから AMP Validator

他にはデベロッパーツールで確認する方法もありますが、手間なだけで確認する内容は一緒なので省略します。

まとめ

ページにはすぐ反映されますが、検索エンジン(SEO)に反映されるのはすぐではないので、早めにしておいたほうがいいかもしれませんね。
特にAMP実装数日後にSearch Consoleでエラーがよく発生します。構造が変だとか、フォームには使えないとか。。
ちなみに投稿ページ右側で「AMPページを生成しない」で投稿別にも最適化有無を選べるので覚えておくと何かの時に便利です。

そりでは~

タイトルとURLをコピーしました